HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
【2024】取り扱い注意!デプレッシブブラックメタルのおすすめバンドまとめ
最終更新:

【2024】取り扱い注意!デプレッシブブラックメタルのおすすめバンドまとめ

近年は映画『ロード・オブ・カオス』の影響もあって「ブラックメタル」という言葉くらいは何となく耳にしたことがあるという音楽ファンも増えているように感じる昨今ですが、いわゆる「デプレッシブブラックメタル」と呼ばれるジャンルを皆さまはご存じでしょうか。

こちらの記事ではブラックメタルから派生したサブジャンルの中でも限りなく内省的かつ厭世的で、海外では「DSBM」と称されるデプレッシブブラックメタルの著名なバンドたちを紹介しています。

ブラックメタルのファンであってもDSBMは苦手という方も多い、聴く人を選ぶジャンルですから取り扱いには十分注意してくださいね!

【2024】取り扱い注意!デプレッシブブラックメタルのおすすめバンドまとめ

IsolationHypothermia

Life Is PainやLifeloverの活動でも知られている、Kim Carlssonさんを中心とするスウェーデンのブラックメタルバンド、Hypothermia。

2001年に結成されて以来精力的に作品を発表していましたが、2024年の現時点では2017年にアルバム『Kaffe & Blod II』を発表後の作品リリースは途絶えているようです。

「低体温症」という意味を持つバンド名の如き寒々しいリフ、地下室の奥から鳴り響く悲鳴のようなボーカルが、20分超えは当たり前の長尺な楽曲の中で延々と繰り返される様は、まさに触れてはいけない闇そのもの。

劣悪なサウンドプロダクションも相まって、一筋の光すら存在せず、ひたすら重苦しい深い深い絶望だけが込められた、聴く者の心身を蝕んでいく危険すぎる音楽ですね。

初めてこういった音楽を聴く人が最後まで聴き通せる確率は限りなく低いですし、デプレッシブブラックメタルそのものでありながら、このジャンルに興味を持った方が最後に聴くべきバンドと言えるかもしれません。

KOH-1

Poslední cestaTrist

チェコが生んだデプレッシブブラックメタルのカリスマ的な存在、Tristさんが自身の名前をそのまま冠したプロジェクトで彼やスウェーデンのHypothermiaこそがDSBMの象徴的存在と考える方も多いのですね。

初期のTristはプリミティブなブラックメタルを鳴らしており、デモテープ音源『Do Tmy Zalu I Nicoty』を聴くとその実態が理解できるのですが、いわゆるデプレッシブブラックメタルとしてのTristは2006年に発表されたデビューアルバム『Stíny』から始まったといっても過言ではないでしょう。

爽快な疾走感などは一切なし、ミドルテンポ中心の楽曲で荒々しいというよりチープですらある音質がまさに地下室の音楽といった趣。

シャリシャリしたノイズをまき散らすギター、時折ツーバスを踏み鳴らすドラムス、闇の底から聴こえてくる狂気のボーカル……陰鬱などという言葉が可愛らしく思えてくるかのような闇の世界に初心者であれば数分もせずに挫折してしまうはず。

とはいえじっくり聴くと悲壮感しかない中でもギターのリフにメロディを感じさせる瞬間もないわけではなく、シューゲイザーのように聴こえなくもない轟音ではあるのですが……だからこそ一層絶望と悲哀の底へと聴く人を誘うと言えるかもしれません。

KOH-1

Reflecting in SolitudeShining

デプレッシブブラックメタルというジャンルにはっきりとした定義があるわけではなく、他のサブジャンルがそうであるように、ジャンルのレッテルを嫌うアーティストも多いです。

本稿で紹介するスウェーデン出身のシャイニングはカリスマティックな存在のフロントマン、ニクラス・クヴァルフォルトさんを中心としたバンドで、デプレッシブブラックメタルのひな形ないしお手本のような音でシーンに衝撃を与えました。

何と来日経験もあり、日本でもアンダーグラウンドのブラックメタル愛好家たちには周知の存在なのですが、ニクラスさんの思想や過激とも言える行動は賛否両論を生み出しながらも、2020年代の現在も活動を続ける数少ない危険なバンドの1つなのですね。

「デプレッシブブラックメタル」という観点においては時に初期の彼らの音源、たとえばニクラスさんが10代の若さで2000年に発表したデビューアルバム『Within Deep Dark Chambers』は、まさにイメージ通りの「DSBM」を鳴らしており、このサウンドに影響を受けたバンドが多く存在するというのも想像に難くないでしょう。

まさに暗黒そのもの、ひたすら闇という闇が迫りくるサウンドながら、緩急のある楽曲展開や悲壮感たっぷりの美しい旋律も感じ取れることもあり、デプレッシブブラックメタルとしては聴きやすい部類と言えるかもしれません。

とはいえ危険な代物だということに変わりはないですから、取り扱いには十二分に注意してください!

KOH-1

Nocturnal PoisoningXasthur

デプレッシブブラックメタルはその音楽的な特徴も相まって、一人によるプロジェクトというパターンがかなり多いです。

日本のマニアの間では愛情をこめて「ぼっちブラックメタル」などという呼称もあるほどなのですが、本稿の主役であるザスターは一人ブラックメタルの中でも特に有名な存在でなのですね。

ノルウェーの悪名高きカリスマにして、デプレッシブブラックメタルの先祖のような存在であるバーズムに影響を受けたMaleficさんがザスターという名前でソロプロジェクトを開始したのは1995年のこと。

2002年には名盤の誉れ高いデビューアルバム『Nocturnal Poisoning』をリリース、ブラックメタルマニアたちに衝撃を与えたのですね。

ザスターの音楽性はドコドコと鳴らすツーバスも絡めたブラックメタルらしい攻撃性を保ちながらも、聴く人を絶望させる悲壮感は尋常ではないです。

鳴き声のようなノイズ、クリーンな音も使ったひたすら悲しみでしかない旋律、キーボードの効果も含めてすべてが邪悪で不吉、そして繰り返すようですが絶望で満ちあふれた世界は初心者が触れていいものではないでしょう。

とはいえ、楽曲の作りは他のデプレッシブブラックメタルと比べれば緩急をつけたものですし、ドラマチックとも言えますからある程度ブラックメタルを聴いている方であればいけるはずです!

KOH-1

Misere NobisNyktalgia

ドイツを拠点として2008年まで活動したNyktalgiaは、2001年結成というデプレッシブブラックメタルという言葉が注目を集める以前から存在していたバンドです。

2004年にリリースされたセルフタイトルのデビューアルバムはネガティブでダークなテーマこそデプレッシブブラックメタル的ではあるのですが、むしろメランコリックなメロディックブラックメタル寄りの音楽性はドラマチックな展開を見せる楽曲構成も相まって、聴きやすいと言えるかもしれません。

オールドスクールなブラックメタル直系の凍てつくトレモロリフ、バーズムのような悲痛で泣き叫ぶ系のボーカル、疾走するドラムスも意外と安定しており、メロブラは好きだけどデプレッシブブラックメタルまでいってしまうと……という方にこそ大推薦のバンドですね。

アルバムを2枚リリースして解散してしまったのは残念ですが、どちらもクオリティの高い名盤ですからぜひチェックしてみてください!

KOH-1

続きを読む
続きを読む