HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
ハードコアパンクの名曲。おすすめの人気曲
最終更新:

ハードコアパンクの名曲。おすすめの人気曲

イギリスのDischarge、アメリカのBad Brainsなど、1970年代後半に海外で盛り上がり始めたハードコア・パンク。

これまでもパンクというジャンルの枠で活動するバンドは存在していましたが、このハードコアパンクはより攻撃的なサウンドや歌詞、楽曲構成が特徴で、1980年代には日本でもシーンを築き上げましたね。

この記事では、そうした国内のハードコアパンクバンドによる名曲を一挙に紹介していきますね!

速くて激しくて鋭い、そんな楽曲がたくさん!

また、中にはそこからさらに一歩進んだ派生ジャンルの楽曲もピックアップしていますので、ぜひさまざまな楽曲を楽しんでくださいね!

ハードコアパンクの名曲。おすすめの人気曲

鋭角な未来LIP CREAM

USハードコアやハードロックといった要素を独自に解釈、ファッションも含めて1980年代のハードコア・シーンをけん引したLip Creamは、THE COMESを脱退したメンバーを中心に1984年に結成されました。

最初期のボーカリストとして、ノンクレジットながらGASTUNKのBAKIさんが在籍してたこともハードコア好きの間では有名ですね。

多くの後続のバンドに影響を与え続ける彼らが1988年にリリースしたアルバム『Close To The Edge(危機)』は、まさにひたすら速い、圧巻のスピードと暴力的なまでの攻撃性、スラッシーなリフも鋭く迫りくる、日本のハードコアに残る傑作!

同作に収録され、強烈な叫びが突き刺さる日本語のタイトルが印象的な『鋭角な未来』は、当時の彼らの破壊的なパワーと突出した個性を体感できる名曲ですよ。

KOH-1

I CAN’T TRUST A WOMANLAUGHIN’ NOSE

1981年に大阪で結成され、THE WILLARDや有頂天と並んでいわゆる「インディーズ御三家」と呼ばれたバンドがLAUGHIN’ NOSEです。

インディーズ時代からカリスマ的な人気を誇り、メジャーに進出以降も快進撃を続けますが、1991年に一度解散。

1995年には再結成を果たし、インディーズ・シーンにおけるカリスマとして2020年代の今もバリバリ現役として活動中です。

初期メンバーで後にSAやCOBRAを結成するNAOKIさんをはじめ、多くのミュージシャンがLAUGHIN’ NOSEから巣立って行ったことも有名ですよね。

そんなLAUGHIN’ NOSEのクラシック・ナンバー『I CAN’T TRUST A WOMAN』は、哀愁を帯びたハーモニカの導入や曲間のベース・ラインも印象的な、ファンの間では人気の高い楽曲です!

KOH-1

MirrorDEATH SIDE

80年代から活動を始め、日本のハードコア・シーンの歴史において欠かすことのできないバンドがDEATH SIDEです。

1995年に一度解散、オリジナル・メンバーのギタリストであるCHELSEAさんが2007年に亡くなってしまうという悲劇に見舞われますが、2015年には再始動を果たし、海外公演なども積極的に行っております。

バンドが残したオリジナル・アルバムは2枚のみですが、今回は1989年にリリースされた記念すべきデビュー・アルバム『Wasted Dream』に収録されている『Mirror』を紹介します。

徹頭徹尾ハードコアでありながら、ヘビーメタルからの影響も大いに感じさせ、若き日の彼らの才能が暴走を繰り返す激烈サウンド。

海外のバンドにも多大なる影響を与え続けている、というのも納得の一言でしょう。

KOH-1

Oi Oi OiCOBRA

いわゆるOiパンクのレジェンドにして、断続的ながらも2010年代まで活動を続けたCOBRAは、1982年に兵庫県は尼崎にて結成されました。

不動のボーカリスト、YOSU-KOさん以外のメンバーの入れ替わりが激しいことでも知られています。

結成メンバーにしてLAUGHIN’ NOSEやSAなどの活躍で知られるNAOKIさんと、同じくLAUGHIN’ NOSEのベーシストPONさんが在籍してた、バンドの歴史における第3期メンバーがそろった1990年にリリースされたアルバム『Oi Oi Oi』は、オリコンチャート9位というヒットを記録しました。

同作に収録されている同名の名曲は、Oiパンクの攻撃的なイメージとはまた違ったポップな味わいが特徴的。

インディーズ時代の音が好きな方には賛否両論な面もあるのですが、歴史的な1枚および名曲であることは間違いないでしょう。

KOH-1

人間狩りTHE COMES

1980年代初頭に登場し、日本のハードコア・パンクの幕開けを担い、東京の「ハードコア四天王」と称されたバンドがTHE COMESです。

メンバーには、後にLip Creamを結成するギタリストのNAOKIさんとベーシストのMINORUさんなどが在籍しておりました。

そんなTHE COMESの最大の特徴は、CHITOSEさんという女性ボーカリストを擁していたということでしょう。

1983年にリリースされたデビュー・アルバム『NO SIDE』は、初期メンバーの濃すぎる個性が爆発したとんでもない傑作となっています。

捨て曲などはないアルバムの中でも、タイトルからして衝撃的な『人間狩り』は、メタリックかつキャッチーなギターとメロディックなベース・ライン、焦燥感にかられる2ビート、とんでもない歌詞と叫びが襲いかかってくる最高の名曲です!

KOH-1

続きを読む
続きを読む