HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
ハードロックの名盤。一度は聴きたいおすすめのアルバム
最終更新:

ハードロックの名盤。一度は聴きたいおすすめのアルバム

ハードロックという音楽ジャンルは、ブルースの影響から生まれたロックの発展形であり、大音量でラウドなギターを鳴らすアグレッシブなサウンド……というのが基本的な定義となっております。

とはいえ、ヘビーメタルとの違いもよく分からないという方も多くいらっしゃいますし、聴く人によって解釈の違いが生まれることもあります。

そこで今回の記事では、ハードロックと呼ばれるバンドのアルバムに興味がある、これから聴いてみたいと思われている方に向けて、音楽史に残るハードロックの定番の作品をご紹介。

まずはここから、といったアルバムを多く取り上げておりますので、ぜひチェックしてみてください!

もくじ

ハードロックの名盤。一度は聴きたいおすすめのアルバム

Hysteria

HysteriaDef Leppard

1980年代初頭に巻き起こったニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル、いわゆるNWOBHMと呼ばれるムーブメントの代表的なバンドの1つであり、世界的な商業的成功を収めたデフ・レパード。

1980年のデビュー当時からヒットを飛ばしていた彼らですが、最年少のドラマーであるリック・アレンさんが交通事故で左腕を切断という重大なトラブルが起こってしまいます。

それでもバンドはアレンさんの回復を待ち、右腕と両足だけで演奏できる電子ドラムの開発とリックさん自身の猛練習の成果もあり、再びアレンさんがドラマーとして復帰を果たし、1987年にリリースされたアルバムが、代表作と言える『Hysteria』です。

質の高いサウンド・プロダクションと充実のソングライティング、メンバーが一丸となって制作された楽曲はいずれも名曲ぞろいで最高にポップかつキャッチーな出来栄え。

あまりヘビーすぎる音はちょっと……という方であって聴きやすい名盤ですよ。

KOH-1

Rising

StargazerRainbow

レインボーは、すでに世界的な知名度を誇っていたギタリスト、リッチー・ブラックモアさんが所属していたディープ・パープルを1975年に脱退、かねてより注目していたというアメリカ出身のボーカリストであるロニー・ジェイムス・ディオさんとそのバンド、エルフを実質吸収する形で始まりました。

バンド・メンバーはその後もリッチーさんの意向に合わせて変化していきますが、正式なバンド名を「Blackmore’s Rainbow」としていた時期のセカンド・アルバム『虹を翔る覇者』は、バンドの代表作として高い人気を誇る作品です。

ロック史に残る名ドラマーのコージー・パウエルさんを新たに迎え、俗に「三頭政治」とも評された彼らは、ブルース由来のハードロックに加えてクラシック音楽の要素を大幅に導入し、重厚でダイナミックなサウンドを生み出しました。

とくに後半の『Stargazer』と『A Light in the Black』という8分をこえる長尺な楽曲で魅せる見事なバンド・アンサンブルは、歴史に残る名演と言えましょう。

KOH-1

Jailbreak

The Boys Are Back In TownTHIN LIZZY

ベース兼ボーカリストとしてフロントに立つフィル・ライノットさんを軸として、2本のレスポールによる哀愁のツイン・リード、タイトかつしなやかなドラムから繰り出されるハードロック・サウンドは、見た目も音も最高にかっこいいですね!

アイルランドが世界に誇るバンド、シン・リジィはデビュー当初は伝統的なアイリッシュ音楽とロックを融合するといった実験的なサウンドを展開していましたが、後に冒頭で触れた体制へと移行し、人気バンドの仲間入りを果たします。

代表作の『Jailbreak』は1976年にリリースされた通算6枚目となるアルバムで、日本では『脱獄』という邦題でもよく知られていますね。

流麗なツイン・リードから織り成すリフがあまりにも有名かつキャッチーな名曲『The Boys Are Back in Town』をはじめとして、シングル・ヒットを飛ばした人気曲が多く収録されており、最盛期を迎えたバンドの勢いと個性とがそのまま音となって表現された名盤です。

ハードロック初心者の方であっても聴きやすい、キャッチーかつポップなメロディも豊富でオススメです!

KOH-1

Back In Black

Back In BlackAC/DC

1973年のバンド結成以来、シンプルながらもゴキゲンなギターのリフとブルースの香り漂うフレーズ、最高にキャッチーなメロディと派手なシャウトで記録的な成功を収め続けてきた奇跡的な存在、それがオーストラリアが生んだAC/DCです。

バンドの要であったリズム・ギタリストのマルコム・ヤングさんの死を乗りこえて、2020年には新作『POWER UP』をリリースして世界中でヒットを記録、健在ぶりをアピールしましたね。

そんなAC/DCを世界的なバンドへと押し上げたアルバムといえば、やはり1980年にリリースされた『Back In Black』でしょう。

オリジナル・アルバムとしてはあのマイケル・ジャクソンさんの『スリラー』についで、世界で2番目に売れたというこのアルバム、新ボーカリストとしてブライアン・ジョンソンさんを迎えて制作された最初の作品であり、バンドの基本的な魅力がすべて詰まっていると言っても過言ではありません。

小難しいことなどは一切抜き、ハードロックの醍醐味をこれでもかと楽しめる逸品です!

KOH-1

Destroyer

Detroit Rock CityKISS

白塗りと派手な衣装で決めた奇抜なルックスは、たとえバンドのことを知らずとも一度は目にしたことがあるのでは?

アメリカはニューヨーク出身のキッスは、ロックの歴史において後続のバンドたちに強烈なインパクトと多大な影響を与えた存在です。

中心メンバーのジーン・シモンズさんとポール・スタンレーさんが1970年に前身となるバンドを結成、1973年にキッスと改名するも数年は下積み時代が続きますが、ライブ・パフォーマンスの凄まじさが話題を呼び、徐々に人気を得ます。

そして満を持して1976年にリリースしたアルバム『地獄の軍団』が世界的なヒットを記録、人気バンドの地位を確かなものとするのです。

彼らの真骨頂はやはりライブにあると言えますが、キャッチーなメロディ満載でバラエティ豊かな名曲がずらりと並び、よりプロフェッショナルなミュージシャンとして成長を遂げた『地獄の軍団』は、バンドの入門編としては最適な1枚と言えるでしょう。

KOH-1

続きを読む
続きを読む