HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
邦楽のメタルバンド。王道から個性派まで、日本メタルシーンの人気バンド
最終更新:

邦楽のメタルバンド。王道から個性派まで、日本メタルシーンの人気バンド

国産メタルバンドというと、少し前まではちょっとおかしなイメージで語られることもありました。

しかし、最近は正統派だけでなく、和風テイストやヴィジュアル系と組み合わせたメタル、そして超絶テクニックで楽しませてくれるバンドから海外で高く評価されるエクストリームメタル系まで、さまざまなバンドが存在します。

そこで今回は、日本のメタルを語るうえで外せない邦楽メタルバンドをご紹介します。

日本を代表するヘビーメタルバンドから、メタルの枠に収まらない多彩な音楽性のバンドまでセレクトしています。

ぜひチェックしてみてください!

邦楽のメタルバンド。王道から個性派まで、日本メタルシーンの人気バンド

MarionetteMary’s Blood

美しさと激しさを兼ね備えたガールズメタルバンド、Mary’s Bloodは2009年に結成され、「血まみれのメアリー」という伝説から名を取り、邦楽シーンに新しい風を呼びこみました。

2014年にリリースされたアルバム『Countdown to Evolution』がオリコンデイリー9位に輝き、彼女たちの魅力が日本中に広がった瞬間です。

EYEさんの力強いボーカルとSAKIさんの速弾きギター、そしてRIOさんとMARIさんのリズムセクションは、リスナーに忘れがたい印象を残すこと間違いなしです。

彼女たちのパフォーマンスは一度見れば、その圧倒的な存在感にくぎ付けになることでしょう!

RAG MUSIC 編集部

Sword Of JudgementHAGANE

メタル界の新星、HAGANEが放つ音楽は、まさに美しくも激しいにふさわしい響きです。

2018年の結成から現在まで、彼女たちは激しいギターリフとハイトーンボーカルでリスナーを魅了し続けています。

アルバム『Code ; 9021』やミニアルバム『EpisodeØ』には、彼女たちの音楽性や熱意がちりばめられています。

シングル『Labradorite』で示されたその独特のサウンドは、HAGANEさんが持つとくに繊細な感性と力強さの完璧な調和をリスナーに感じさせます。

音楽を聴くと、彼女たちが今後どんな新しいページを切り開いていくのか、非常に楽しみですね!

RAG MUSIC 編集部

空想メソロギヰ妖精帝國

妖精帝國は、その名のとおり、異世界から飛び出してきたかのような神秘的な世界観でリスナーを魅了しています。

1997年に結成されて以来、彼女たちはテクノやゴシックの要素をメタルにちりばめた独自のサウンドを構築。

特にアルバム『Metanoia』に収録された楽曲では、そのダイナミズムと繊細さが同居しており、2010年の発売から時間がたったいまでも色あせることはありません。

本作はガールズメタルの新たな扉を開き、ジャンルの枠を越えた多くのファンをとりこに。

テーマに合わせてぴったりの1曲です。

RAG MUSIC 編集部

お先に失礼します。花冷え。

花冷えさんは、原宿コアというジャンルを確立し、2015年に大きな一歩を踏み出したバンドです。

マジカルな世界観をちりばめたアルバム『来世は偉人!』は、2023年7月にリリースされ、これがメジャーデビューとなりました。

このアルバムの中で、特に注目すべき1曲が『Cosmic Symphony』です。

本作は激しいギターサウンドとユキナさんのパワフルなボーカルが融合し、宇宙をテーマにした壮大な音楽体験を提供してくれます。

若々しくも洗練されたリスナーを魅了し、日常から一歩抜け出したい方々にピッタリです!

RAG MUSIC 編集部

Day’s eyePARADOXX

ガールズメタルシーンを新たなる高みへとリードすべく、2021年6月30日の衝撃デビュー以来、注目を集め続けるPARADOXX。

デビューシングル『Athena / Break away』に収められた楽曲たちは、重厚なリフと圧巻のドラミング、そしてAMANEさんの透明感あるボーカルが融合した、まさに「美しくも激しい」音の竜巻。

特に『Athena』は、リスナーをひき込む力強いサウンドが特徴です。

ロック好きならずとも心を躍らせること間違いなし!

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む