HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
【2024】洋楽ハードロックの今。注目の曲まとめ
最終更新:

【2024】洋楽ハードロックの今。注目の曲まとめ

1960年代のサイケデリックロックやブルースロックから影響を受け、よりラウドでアグレッシブなギターを主体として70年代以降に定着したハードロック。

ヘビーメタルとの差異は明確な基準があるわけではないのですが、2020年代の今も、いわゆるヘビーメタルとはまた違った「ハードロック」を鳴らすバンドはベテランはもちろん若手にも存在しているのですね。

今回の記事では、ハードロックの大御所はもちろん、ビンテージなハードロックからの影響を感じさせる若手まで、広い意味でのハードロックを鳴らすバンドの最新の人気曲やオススメの曲をご紹介。

2020年代のハードロックの「今」を知る上でもオススメです!

もくじ

【2024】洋楽ハードロックの今。注目の曲まとめ

Let’s Get WildBuckcherry

洋楽ハードロックの新たな頁を開いたバックチェリーの『Let’s Get Wild』、これぞラウドでアグレッシブなサウンドの極み!

リリースされたばかりの豪快なこのナンバーは、夏の夜をもっとワイルドに彩ることでしょう。

ジョシュ・トッドさんのボーカルはまさにパワーの化身、熱いギターソロは心の琴線に触れること間違いなしです!

早速チェックして、アドレナリン全開のロックサウンドを堪能してみてはいかがでしょうか?

ステージでの熱演も見逃せませんよ!

RAG MUSIC 編集部

RiseExtreme

卓越した演奏能力を武器に、ハードロックにファンクの要素なども加えたスタイルで人気を博すエクストリームが2023年に発表した楽曲『Rise』。

力強いギターリフとダイナミックなメロディラインが、まさにハードロックの魂を揺さぶります。

歌詞は名声の二面性に焦点を当て、Gary Cheroneさんの力強いボーカルで描かれていて、聴く者の心に深く響きます。

Nuno Bettencourtさんの華麗なギターソロも必聴です!

これぞまさに、ベテランバンドが放つ、時代を超えたロックの真髄と言えるでしょう。

オススメの一曲です。

RAG MUSIC 編集部

Dead Again JayneLordi

フィンランドが生んだ怪物集団ローディが放つ「Dead Again Jayne」は、70年代に確立されたハードロックジャンルの新たな傑作と言えます。

映画的な世界観をテーマに、モービッドでダイナミックな音楽性を鳴らすこの曲はいかにも彼ららしい王道のハードロックナンバーですね。

実は覚えやすいメロディ満載、エンタメ性も抜群な彼らは見る者を引き込むその圧巻のステージも魅力ですから、ぜひ動画などで体感してみてください。

RAG MUSIC 編集部

Warrior From HellCobra Spell

ソニア・アヌビスさん始め、バーニング・ウィッチーズやクリプタといったバンドで活躍した個性豊かなメンバーによる新たなバンド、コブラ・スペルが奏でるこの曲は、80年代のグラムメタルが息づくメロディアスなサウンドが特徴です。

デビューアルバム『666』からのシングルであり、決して収まることを知らない炎のように熱いロックを愛する人々にはピッタリの1曲。

ダイナミックなギターのリフにタイトなリズム、妖艶でいてキャッチーなメロディを歌い上げるボーカルは熱い80年代ハードロック~ヘビーメタルの魂を20年代の今に伝えているのです。

RAG MUSIC 編集部

Emotion SicknessQueens of the Stone Age

ジョシュ・オムさんが率いるクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの最新リードシングル『Emotion Sickness』は、かつてない勢いの中にもどこか心の痛みを滲ませる楽曲です。

心に秘めた複雑な感情がギターの弦を通して鋭く、でもどこか温かく伝わってくるよう。

その背景には、離婚を経験したジョシュさんの個人的なドラマがあるらしいです。

彼らの音楽の深さを知ると、ただのハードロックとは一線を画する芸術性を感じざるを得ません。

あなたもこの曲に耳を傾ければ、心がざわつきながらも、最後にはどこか慰められる…そんな体験になるかもしれませんね。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む