HR-HM
おすすめのハードロック・ヘビーメタル
search
【洋楽】ポストハードコアとは~代表的なバンドまとめ
最終更新:

【洋楽】ポストハードコアとは~代表的なバンドまとめ

洋楽や邦楽を問わず、エモやラウドといった形で紹介されるバンドをお好きな方であれば、一度は「ポストハードコア」なるジャンルを目にしたことがありますよね。

1970年代後半から始まったハードコアパンクを出自とするバンドたちの中で、既存のハードコアに収まりきらない独自の音を鳴らす面々が「ポストハードコア」と呼ばれるようになったのですが、さらにエモコアやスクリーモなどの派生ジャンルが生まれ、2000年代以降はより広い意味で使われており、定義付けが非常に難しいジャンルです。

今回の記事では、そんなポストハードコアの形成という意味で重要な役割を果たした、1980年代から1990年代にかけてデビューしたバンドを一挙紹介します!

【洋楽】ポストハードコアとは~代表的なバンドまとめ

Waiting RoomFugazi

アメリカのハードコアパンクの歴史において最重要バンドの一つ、ワシントン出身のマイナー・スレットのフロントマンであったイアン・マッケイさんを中心として1986年に結成されたフガジは、まさに今回の記事のテーマである「ポストハードコア」を象徴するような存在です。

暴力的な面もあったハードコアシーンとは距離を置き、真の意味で「ハードコア精神」を持つイアンさんがハードコアを進化させるべくフガジを始めたことからも、その重要性が理解できるというものでしょう。

そんな彼らの音楽性はまさに1990年代におけるハードコアの進化形と呼べるもので、スピード重視のパンクスタイルとは全く違うさまざまなリズムパターンの冒険から生まれるグルーヴや独創的かつソリッドなギター&ベースサウンド、甘さもキャッチーさもないのに胸を締め付けられるようなメロディはまさにエモーショナルとしか言いようがないのですね。

そういったサウンドがエモコアの元祖とも呼ばれる理由ではあるのですが、90年代のオルタナティブロックやグランジ、そして後続のポストロックといったジャンルをも飲み込んだ独自のサウンドは多くのバンドに影響を与えたのです。

2003年の活動休止までにリリースしたアルバムは6枚、イアンさんが運営するディスコードレコードも含めてジャンルをこえた大きな影響力を持ち続けながらも、徹底的な反商業主義を貫く彼らの姿勢はアメリカンハードコアおよびポストハードコアの歴史そのものと言えましょう。

アルバムごとに進化し続けたフガジですから、可能であれば全ての作品をチェックすることをオススメします!

KOH-1

SavoryJawbox

フガジのイアン・マッケイさんが徹底的なインディーズ主義を貫くワシントンD.C.ハードコアシーンの象徴なら、同じくシーンの発展に大いに貢献したJ.ロビンズさんは、インディーズに留まらずメジャーシーンにおいても活躍、プロデューサーとしても素晴らしい作品を世に送り出した偉大なアーティストです。

90年代のエモコアやポストハードコアと呼ばれるバンドのアルバムを聴かれている方は、かなりの確率でロビンズさんの名前がプロデューサーとしてクレジットされていることに気付くはず。

そんなロビンズさんもイアンさんと同じくバリバリのハードコア出身でありながら、ハードコアの発展形であるポストハードコアの形成に尽力した最重要人物の一人と言えるのですね。

さまざまなバンドで活躍しているロビンズさんですが、今回紹介するのは1989年に結成されて後にメジャーへも進出を果たした名バンド、ジョーボックスです。

初期の2枚のアルバムはイアンさん率いるディスコードレコードからリリース、不協和音やノイズを自在に操る独特のギターアンサンブルとしなやかなリズム隊によるアンサンブル、ねじれたポップセンスから生み出されたサウンドは間違いなく90年代のエモやポストハードコアに多大なる影響を与えました。

その後は前述したようにメジャーへ進出、90年代ポストハードコアの聖典とも言える傑作『For Your Own Special Sweetheart』を発表します。

メジャーならではの力の入ったプロダクションに初期のファンからは賛否両論あったことは事実ですが、ポストハードコアの歴史を知る上で必ず聴いておくべき作品であることは間違いないでしょう。

とはいえ、彼らがリリースした4枚のアルバムは全て聴いてほしいところです!

KOH-1

This Ain’t No PicnicMinutemen

アメリカはカリフォルニア州出身のミニットメンは、1980年の結成から5年程度